次のページ 

第7回ちきゅうCafé

チラシ

………「ちきゅうCafé」は………
今年の夏の暑さ、気になるわぁ…たとえばそういう身近なことから地球温暖化のことを「私たちの問題」として考えてみたい。ちきゅうCaféは、みんなでわいわい学ぶ場です。
……… ……… ……… ………

第7回ちきゅうCafé 
自然の恵みは「タダ」?
~経済と生物多様性のつながり~


人類の健全な安全に欠かせない自然環境が、さまざまな理由でどんどん失われている昨今。いったいその理由は何なのか、どうすれば食い止めることができるのか、一度、「経済」という観点から考えてみませんか。そのヒントを「生態系サービス」という考え方を使って解説してくださるのは、阪南大学の千葉知世・准教授。サステナビリティを考える時に欠かせないと言われているこの概念と、またそれを使った種々のとりくみについて、誰にでも分かりやすく教えていただきます。

●とき:2017年6月30日(金) 18:50―20:30
●ところ:CASA事務所
【最寄り駅】大阪市営地下鉄
谷町線「谷町四丁目駅」/堺筋線「堺筋本町駅」
【住所】大阪市中央区内本町2-1-19内本町松屋ビル10、470号室
【アクセス】チラシ裏面をご覧ください
●参加費:300円(軽食&飲み物付き)
●お申込み・お問い合わせ:CASA土田までお願いします
※6月29日(木)中までに参加される方のお名前をお知らせください。
メール <office@casa.bnet.jp>
電話 06-6910-6301(平日11:00―17:00)
皆さまのお申し込みをお待ちしています!

 次のページ 

国連気候変動ボン会議報告会in京都:パリ協定の実施に向けた議論の最前線

-->┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

<参加者募集>

国連気候変動ボン会議報告会in京都:
パリ協定の実施に向けた議論の最前線
~京都議定書採択20周年を迎えて~


 詳細<http://www.can-japan.org/events-ja/2306>
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
今年は、京都議定書の採択から20周年となる節目の年です。

京都議定書に続く国際枠組みとして2015年に採択され、2016年に異例のスピードで発効したパリ協定。米国大統領の動向に注目が集まっていますが、パリ協定はすでに発効しており、国連交渉ではそのルールづくりの議論が進んでいます。パリ協定のルールづくりは、今後の世界や日本の経済・ビジネス・社会のあり方を大きく左右する、極めて重要なプロセスです。

今回の報告会では、5月にドイツのボンで開催された国連気候変動会議に参加した専門家の高村ゆかり先生を迎えて最新の国際動向を学ぶとともに、ボン会議に参加したNGOメンバーが日本の温暖化対策について提言します。ぜひご参加ください。


日時:2017年6月26日(月)18:30~20:30(開場18:10)
会場:メルパルク京都 6階 会議室D「鞍馬」(京都市下京区東洞院通七条下ル)
アクセス・地図::<https://www.mielparque.jp/kyoto/access/>
・JR京都駅(烏丸中央口)から徒歩2分
・JR大阪駅から、新快速で約30分

プログラム:

報告「国連気候変動交渉の最新動向~ボン会議の議論と展望~」
高村ゆかりさん(名古屋大学大学院)

提言「ボン会議にみる日本の気候変動対策の課題」
伊与田昌慶(気候ネットワーク)

2つの発表を受けてのコメント
浅岡美恵(気候ネットワーク)ほか

質疑応答&ディスカッション

司会:土田道代(地球環境市民会議(CASA))


---------
参加費:一般500円、CAN-Japanメンバー団体の会員無料
定員:60人(先着順)
申込み:こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
<http://bit.ly/20170626CAN-Japan>

あるいは、メールかFAX、お電話にて下記の申込先まで、
件名「6/26イベント申込み」として、お名前、ご所属、ご連絡先のメールアドレスをご連絡下さい。

*お申し込み頂いた方には確認後、申込受付のご案内をお送りいたします。


問合せ・申込み:Climate Action Network Japan(CAN-Japan)
京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305気候ネットワーク内
TEL: 075-254-1011 FAX: 075-254-1012
E-mail: secretariat@can-japan.org


主催:Climate Action Network Japan (CAN-Japan)
CANは、世界で気候変動問題の解決のために活動する120ヶ国・1100団体からなるNGOのネットワークです。CAN-Japanは、CANの日本での集まりで、15団体からなり、国連気候変動交渉に参加し、国際的NGOネットワークと連携しながら政策提言や情報発信に取り組んでいます。Website: <http://www.can-japan.org>


CAN-Japanメンバー団体(15団体・順不同)
350.org Japan
自然エネルギー財団
レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部
環境エネルギー政策研究所(ISEP)
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
地球環境市民会議(CASA)
国際環境NGO FoE Japan
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
グリーンピース・ジャパン
オックスファム・ジャパン
WWFジャパン
気候ネットワーク
Office Ecologist
ピースボート
東アジア環境情報発伝所

*CAN-Japanへの参加を希望される団体は次のウェブページをご覧下さい。
<http://www.can-japan.org/join-us>


共催:気候ネットワーク、地球環境市民会議(CASA)

協力:コンシューマーズ京都、環境市民、近畿環境市民活動相互支援センター(エコネット近畿)、ウータン・森と生活を考える会、京のアジェンダ21フォーラムほか

本報告会は、平成29年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。
<http://www.erca.go.jp/jfge/>

 次のページ 

№95 (JUN.2017)

特集・日本の温室効果ガスの削減可能性と「CASA2030年モデル」
    第5回 産業部門における温室効果ガス排出削減の見通し
トピック・東芝問題~衰退する原発事業の象徴~
「家電省エネ★くらべ」を使うと、いい機器が選べます。 
  電気代がお得、COの削減にも貢献する
クレヨンハウス大阪店で開催しました
  地球温暖化問題を考える。パリ協定って何?~ちきゅうCafé&絵本~
報告・既設発電所にも影響を及ぼす改正FIT法 自然エネルギー市民の会(PARE)のとりくみ
顕在化する温暖化の影響 -ツバルの取り組み- <第4回>
COFFEE BREAK 2015年温室効果ガスの排出量が、前年度比2.9%削減
投稿・「会員のひろば」
CASA からのお知らせ
家電省エネ★くらべ

 次のページ 

第6回ちきゅうCafé

チラシ

………「ちきゅうCafé」は………
今年の夏の暑さ、気になるわぁ…たとえばそういう身近なことから地球温暖化のことを「私たちの問題」として考えてみたい。ちきゅうCaféは、みんなでわいわい学ぶ場です。
……… ……… ……… ………

第6回ちきゅうCafé 
「自然エネルギーを広めるしくみについて学ぼう!
~固定価格買取制度(FIT)って?~」


 自然エネルギーを広めるために2012年7月に導入されたFIT(固定価格買取制度)について、ご一緒に学んでみませんか。日本にもFITが適用されて以来、実際にはどれだけの効果が出ているのでしょうか。そもそもFITとはどういうしくみなのでしょうか。海外での事例も交えつつ、日本のFITに今後さらに期待されている役割と、その課題について、最近まで神戸大学で教鞭を取っておられた蔡 佩宜(サイ・ハイギ)さんに分かりやすく教えていただきます。

●とき:2017年5月26日(金) 18:50―20:30
●ところ:CASA事務所
【最寄り駅】大阪市営地下鉄
谷町線「谷町四丁目駅」/堺筋線「堺筋本町駅」
【住所】大阪市中央区内本町2-1-19内本町松屋ビル10、470号室
【アクセス】チラシ裏面をご覧ください
●参加費:300円(軽食&飲み物付き)
●お申込み・お問い合わせ:CASA土田までお願いします
※5月25日(木)中までに参加される方のお名前をお知らせください。
メール <office@casa.bnet.jp>
電話 06-6910-6301(平日11:00―17:00)

皆さまのお申し込みをお待ちしています!

 次のページ 

ちきゅうCafé & 絵本


チラシ

ちきゅうCafé & 絵本
……… ……… ……… ………
ちきゅうCaféに新しい企画「ちきゅうCafé & 絵本」が仲間入りしました。
今回の「ちきゅうCafé & 絵本」は、オーガニックレストランOpen Sesameさまと子どもの本の専門店クレヨンハウス大阪店さまのご協力をいただいて開催します。皆さん、ぜひお運びください。
……… ……… ……… ………

ちきゅうCafé & 絵本
~地球温暖化問題を考える。パリ協定って何?~

地球温暖化問題って、わかっているようでわからない。

「このまま地球温暖化が進むと大変なことになる」というけど、そんなに深刻なの?世界は、そして日本は、この問題にどう対応しようとしているの?いま日本に暮らす私たちが知っておかなくちゃいけないことって何だろう?
まずは知ることから始めてみましょう。
地球温暖化問題を話し合う国連の会議(COP、「コップ」)に長年参加してきた認定NPO 法人 地球環境市民会議(CASA)のスタッフが、この問題の全体像をわかりやすくお話します。最後に、クレヨンハウスより関連する絵本紹介もあります。就学前のお子さま連れでのご参加も可能です。どうぞお楽しみに。

■日時:2017年4月26日(水)10時30分〜12時
■場所:クレヨンハウス大阪店 テラス席
〒564-0062  大阪府吹田市垂水町3-34-24
御堂筋線「江坂」駅 ①番出口から徒歩3分
< http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/osakamap.aspx>
■参加費:資料代200円とクレヨンハウスでお飲み物のご注文をお願いします
■定員:10名
■お申込み・お問い合わせ:
下記いずれかの方法でCASA土田までお願いします。
メール < office@casa.bnet.jp>
電話 06-6910-6301(平日11:00―17:00)
※お申込みの場合、【参加される皆さんのお名前】をお知らせください。
■準備の都合上、4月24日(月)までにお申込みをお願いします。
Powered by FC2ブログ.