シンポジウム「地域分散型エネルギーシステムに向けて」

詳細・申し込みフォーム ↓
<https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScKxqaR6tH8G8X_Vo5XHX1_qYPhZBZmgKZ9ZrQW5umz4X2qbw/viewform?c=0&w=1>

シンポジウム「地域分散型エネルギーシステムに向けて」
◯日時:2017年1月22日(日) 13:00~16:30(12:30会場、13:00開会)
◯場所:CIVI新大阪研修センター 905D
 http://www.civi-c.co.jp/details.html#sin805D
 JR「新大阪」駅、地下鉄御堂筋線「新大阪」駅から徒歩7分
 地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅、阪急「南方」駅から徒歩4分
◯定員:100名(お席に余裕がある場合は当日参加も可能ですが、申込み頂いた方を優先致します)
◯参加費:無料
◯主催:科学研究費基盤研究(A)
「システム改革の下での地域分散型のエネルギーシステムへの移行戦略に関する政策研究」(代表・大島堅一)

■趣旨
 東日本震災後、これまでのエネルギー供給システムが大きく見直され、再生可能エネルギーを中心とした地域分散型エネルギーが本格的に普及するようになりました。これと同時に、電力自由化(電力システム改革)も進んでおり、2020年には発送電分離と電気料金の自由化も行われます。
 電力自由化によって、地域分散型エネルギーはどのようにかわるのでしょうか。本シンポジウムでは、自治体や地域住民がつくりだす新しい地域分散型エネルギー事業の将来展望と課題について議論を深めたいと思います。

■プログラム
第1部:報告
13:00 ~14:30
・大島堅一(立命館大学):趣意説明と課題設定
・高橋 洋(都留文科大学):「地域分散型エネルギーシステムとエネルギー自治」
・金森絵里(立命館大学):「電力自由化と日本の電力会社経営」
・安田 陽(京都大学):「自由化市場における電力取引:海外の事例より」
・上園昌武(島根大学):「地域分散型エネルギーシステムがもたらす新しい社会」
第2部:パネルディスカッション
14:45~16:30
・豊岡和美(徳島地域エネルギー):「地域分散型エネルギーシステムの実現に向けたご当地電力の役割と課題」
・鵜篭博紀(米子市):「自治体新電力と地域活性化」
・登壇者:上園、高橋、金森、安田
・モデレーター:大島
Powered by FC2ブログ.