-->

人類の未来を決める2015年合意

 11月30日から、パリで気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)が開催されます。このCOP21で、すべての国が参加する2020年以降の新たな法的枠組みに合意することになっています。この合意は2015年合意と呼ばれています。
 IPCC第5次評価報告書(AR5)は、世界の平均気温の上昇が工業化(1850年頃)以前から2℃を超えると、様々なリスクが上昇し、4℃を超えると適応の限界を超える恐れがあると警告しています。そして、平均気温の上昇を2℃未満に抑制するためには、2030~50年に大幅な削減が必要で、現行水準以上の削減努力が2030年まで実施されなければ、長期的に低排出水準へ移行する困難さは大幅に増し、2℃未満に抑えるための選択肢の幅を狭めるとしています。COP21では、2030年までの削減目標や対策を軸に交渉が進められており、「2015年合意」が人類の未来にとって決定的に重要になっています。

Powered by FC2ブログ.