COP22報告会 歴史的な合意「パリ協定」からの第一歩~COP22を受けた取組み~

 昨年末に開催されたCOP21で歴史的な「パリ協定」が合意されました。パリ協定は、世界全体の平均気温の 上昇を2℃を十分に下回るレベルに維持することを目的とし、1.5℃に抑制するよう努力するとしています。ま た、この目的を達成するために、最新の科学に従って締約国は「できるだけ速やかなピークアウト」「ピーク アウト後の急速な削減」「今世紀後半に、温室効果ガスの人為的収支を均衡させる(温室効果ガス排出を実質ゼロにする)」としています。
 今年11月7日~ 18日にモロッコ・マラケシュでCOP22が開催されます。COP22ではパリ協定を運用可能な ものにするための手続きや仕組み、2020年までの行動計画などが話し合われる予定です。本報告会では、温暖化の国際交渉を常に第一線で追ってこられ、COP22にも参加される高村ゆかりさんを講師に迎え、その内容をいち早くお伝えします。
 ぜひともご参加ください。

日 時: 2016年12月17日(土)13:30 ~ 16:30
場 所: エル・おおさか 南館10階 「南1023」
    アクセス:< http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html>
内 容: 報告① 「COP22の成果と課題」  高村ゆかりさん (名古屋大学大学院 教授)
     報告② 「再生可能エネルギーの事業の可能性
           ~日本、モンゴル、ベトナムなど実践例から~」
         麻生義継さん(スカイグループホールディングス株式会社 代表取締役)
     報告③ 「パリ協定と市民、行政、企業の役割」
         早川光俊(特定非営利活動法人 地球環境市民会議(CASA) 専務理事)
     質疑・意見交換     
参加費:資料代として500円 ※学生は無料
定 員:100名程度      
主 催:大阪府地球温暖化防止活動連絡調整会議
(構成員)大阪府、大阪市、堺市、近畿地方環境事務所、大阪管区気象台、
    認定NPO法人 地球環境市民会議(CASA)、全大阪消費者団体連絡会、大阪府生活協同組合連合会、
    大阪eco動物海洋専門学校、大阪府地球温暖化防止活動推進員、
    (事務局)大阪府地球温暖化防止活動推進センター



  

№92 (SEP.2016)

顕在化する温暖化の影響 ーツバルの取り組みー <第1回>
省エネ性能のいい家電製品を選んで、賢く節電・省エネ- 大阪省エネラベルキャンペーン実行委員会 -
学んだよ 作ったよ 親子環境教室でCASAでインターンシップ活動やっています
投稿・「会員のひろば」
CASAからのお知らせ
「光をあてると後輪がガタガタ動いたよ」
自然エネルギーを感じよう!ペットボトルソーラーカー工作教室

Powered by FC2ブログ.