CASAの名称が「特定非営利活動法人 地球環境市民会議(CASA)」にかわりました

2014年6月の通常総会において名称変更が決まりました。名称変更に係る大阪市の 定款変更の認証、法務局の登記が完了致しました。

変更理由は
現在の「特定非営利活動法人地球環境と大気汚染を考える全国市民会議」の名称 は、設立の経過から西淀川大気汚染裁判と被害者の支援を主たる目的と していたためです。

しかし、西淀川大気汚染裁判が終了してから17年が経過し、CASAの現在の活動は 気候変動問題とエネルギー問題が中心的課題となっています。 また、現在の名称は28文字と長く、メディア対応を含めて様々な支障が生じていたためです。
Powered by FC2ブログ.