次のページ 

CASAとは

 CASAは、1988年10月、(1)地球規模の環境問題と地域レベルの大気環境の保全についての調査・研究・提言、 (2)海外のNGOとの交流・連帯、(3)地域の大気汚染被害者の運動の支援などを目的に、大阪で設立されました。  このCASAの設立には、次のような3つの市民運動の流れが合流しました。

  1. 1981年3月から、全国に先駆けて「フロンガスによるオゾン層の破壊」、「地球温暖化問題」などの地球規模の環境問題に 取り組んできた全大阪消費者連絡会をはじめとする消費者運動の流れ。
  2. 「手渡したいのは青い空」を合言葉に、大気汚染公害の根絶と被害者救済の 裁判闘争に取り組んできた、西淀川公害患者と家族の会をはじめとする大気汚染 公害被害者運動の流れ。
  3. 環境保全と公害根絶のために、地道な調査、研究を続けてきた研究者・専門家の流れ。
 CASAは、目的に賛同する個人と団体で構成される市民団体で、現在 全国各地で様々な環境問題に取り組む約40団体のNGOと約300人の市民、研究者、弁護士などが 参加しています。  

 是非、あなたも参加してください。

CASAは2014年3月20日付で認定NPOに認定されました。 

  ご支援・ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
 認定NPO法人は、NPO法人のうち、運営組織や事業活動が適正であって公益の増進に 資するものにつき一定の基準に適合したものとして、所轄庁(CASAは大阪市)の認定を受けたNPO法人です。
 認定NPOとなることで、寄附者は税制上の優遇措置を受けることができます。この制度は、NPO法人への寄附を促すことで、NPO法人の活動を支援することを目的としてつくられた制度です。
◆認定NPOに寄附した寄附者は優遇措置を受けることができます。

CASAは国連経済社会理事会(ECOSOC)の登録NGO(ロスター)です! 

  1994年12月5日にCASAは、国連の経済社会理事会(ECOSOC)の登録NGOに昇格しました。 これまでCASAは、「持続可能な発展に関する委員会(CSD)」の登録NGOでした。今回のロスター 資格の習得で、CSDの会議だけではなく、経済社会理事会の召集する会議に参加することが できるようになりました。

 ロスターとは、国連の経済社会的また、文化的な国際協力の活動については、 NGOと協議することになっています。国連登録NGOは、3つの段階にわけられています。 上から、カテゴリーI、カテゴリーII、ロスターと呼ばれ、それぞれの登録資格によって、 出席できる会議や提出できる意見書の枚数などが違います。CASAの持つ登録NGO資格は、 3番目のロスターです。




 次のページ 

設立趣旨

特定非営利活動法人地球環境と大気汚染を考える全国市民会議
設    立    趣    旨    書


 私たちにとってかけがいのない地球が、いま、人間の社会的な活動によって急速に破壊されつつあります。

 大量の化石燃料の燃焼により大気中の濃度が急速に増加している二酸化炭素や、 メタンやフロンガスなどの温室効果ガスの増加が、熱帯林などの森林の減少とあいまって、 地球温暖化を引き起こしつつあり、このままでは二一世紀の終わりには地球上の平均気温が 2~3℃も上昇すると警告されています。地球上の生命を有害な紫外線から守っているオゾン層も、 フロンガスにより破壊され、南極や北極だけでなく、成層圏オゾンの減少が世界の多くの地域で 観測されています。

 自動車や工場から排出される硫黄酸化物、窒素酸化物や粒子状物質などの汚染物質も、地域の 大気汚染となって人々の健康を犯しています。こうした汚染物質が、酸性雨となって国境を越えて広がり、 森林を枯らし、生物種を絶滅の危機にさらしています。

 大気問題だけでなく、ダイオキシン、内分泌撹乱物質(所謂、環境ホルモン)による汚染が広がり、 生態系に重大な影響をあたえようとしています。

 このような地域と地球規模の環境破壊は、最近数十年の間に起こったことです。その原因の多くは、 日本を含む「北」の国々の産業活動に由来するものです。とりわけ日本など「北」の国々の大量生産、 大量消費、大量廃棄の社会経済システムが、世界の環境に重大な脅威となっています。

 今、地球の発するSOSは、化石燃料に依存した人類の文明のあり方を根底から問いただしています。 とりわけ、経済効率一辺倒の社会経済システムを見直すことが必要です。破滅を回避するために、今すぐ、 必要な対策を実行に移す必要があります。こうした対策は各国政府や産業界が、これまでこうした環境破壊を してきた責任からも、率先して行うべきです。しかし一方で、便利さや物質的快適さのみを求めてきた、 私たちの生活様式を見直すことも求められており、私たち一人一人の積極的な行動が必要です。情報に 精通した活動的な市民の存在なくして、環境問題の解決がないことは、日本の公害経験が示しています。

 このままいけば、人類は二一世紀に破滅的な危機を迎えます。今のうちなら、努力すればまだ破滅的な 危機を避けられます。私たちは、そのことに確信をもって、世界中の人々と手をつなぎ、地球規模で考え、 地域で活動します。このことは、二一世紀以降に生きる将来の世代のため、現在を生きる私たちの責務で あると考えます。

 地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)は、1988年10月に結成され、 地域の大気汚染、国境を越えた大気汚染である酸性雨、地球規模の大気問題である地球温暖化や オゾン層の破壊などの問題に取組むとともに、西淀川公害裁判など大気汚染公害被害者の支援などの 活動を行ってきました。また、1992年の地球サミットや、気候変動枠組条約の交渉会議などに 参加し、国際的な交流活動を行ってきました。さらに、日本におけるCO2排出削減の提言など、 多くの提言を発表してきました。

 今回、特定非営利活動促進法が制定されたことに伴い、非営利活動法人としての法人格を 取得することにより、これまでのCASAの活動を承継し、CASAに対する社会的評価の向上、 財政活動などの活動をより拡充するために、ここに、特定非営利活動法人地球環境と大気汚染を 考える全国市民会議を設立します。

 次のページ 

SB38、ADP2 (2013年)

 
   「COP19へ向けて~今年2度目の国連気候変動会議~」

   「2020 年以降の新枠組みづくりと
 2020 年までの排出削減目標引き上げに向けた交渉スタート」

 次のページ 

◇皆さまの声のおかげで「省エネ・エコなくらし」の冊子ができました。
どうもありがとうございました。
多少在庫があり、ご希望の方にはお分けします。
CASAまでお知らせください。
冊子本体は無料ですが、送料実費のご負担をお願いします。

台所編

お風呂や
トイレ編

お買い物編

車・日常生活編


お部屋編

洗濯や掃除編

旅行編

 次のページ 

台所編

台所編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要


☆冷蔵庫のドアの開閉回数を減らす。

ドアの開閉回数を半分にすると、1年でCO2が5.9kg削減され、電気代が約280円安くなります。

☆ドアを開けている時間を減らす。

開閉時間を20秒から10秒にすると、1年間でCO2を3.5kg削減、約160円の節約になります。

☆ものを詰め込みすぎない。


詰め込んだ場合と、半分にした場合を比較すると、1年間でCO2を25.0kg削減、約1180円の節約になります。

☆設定温度は適切にする。


周辺温度22℃で、設定温度を「強」から「中」にした場合、1年間でCO2を35.2kg削減、約1670円の節約になります。。
☆壁から適切な間隔で設置する。

(私の工夫)

上と両側が壁に接している場合と、片側が壁に接している場合とを比較すると、1年間でCO2を25.7kg削減、約1220円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」







☆食器を洗うときは低温に設定する。


(私の工夫)
65Lの水道水(水温20℃)を使い、湯沸し器の設定温度を40℃から38℃にし、1日2回手洗いした場合、1年間でCO2を19.9kg削減、約1490円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」





☆野菜の下ごしらえに電子レンジを活用。
(私の工夫)
100gの食材を、1Lの水(27℃程度)に入れ沸騰させ煮るのに比べ、電子レンジで下ごしらえをした方が、ブロッコリーやカボチャの場合では、1年間でCO2を12.1kg削減、約1150円の節約になります。(数値は食材の種類によって異なります)

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」



☆なるべく保温時間を短くする。


(私の工夫)
保温しない場合は、1日7時間保温した場合はに比べ、1年間でCO2を21.6kg削減、約1240円の節約になります。7~8以上時間保温するなら、2回に分けて炊いた方がお得になります。
(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」








☆長時間使用しないときはプラグを抜く。

(私の工夫)
満タンの水2.2Lを入れ沸騰させ、1.2Lを使用後、6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合では1年間でCO2を61.3kg削減、約2900円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」





☆炎がなべ底からはみ出ないように調節する。
(私の工夫)
1L(20℃程度)の水を沸騰させる時、「強火」を「中火」にした場合(1日3回)、1年間でCO2を5.4kg削減、約410円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」







☆使用するときはまとめ洗いを。
(私の工夫)
ガス給湯器手洗い(40℃で1回65L使用。ただし冷房期間は、給湯器を使用しない)に比べ、食器洗い乾燥機(給水接続タイプで標準モード)の方が1年間で約8140円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」



☆生ごみは水分を十分切って出す。
(私の工夫)
私たちは1日当たり1人963gのごみを出していて、そのうち生ごみは家庭ごみ重量の約3割を占めています。

(出所)  環境省「一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成26年度)」




☆旬の食材を使って、無駄なく食べきるようにする。
(私の工夫)
例えば、きゅうりの場合、温室栽培は露地ものに比べ5倍以上のエネルギーが必要です。また生ごみの1/4は食べ残しや賞味期限切れなどの手つかずの食材です。

(出所)  CASA「地球温暖化資料集2015」より
Powered by FC2ブログ.