◇皆さまの声のおかげで「省エネ・エコなくらし」の冊子ができました。
どうもありがとうございました。
多少在庫があり、ご希望の方にはお分けします。
CASAまでお知らせください。
冊子本体は無料ですが、送料実費のご負担をお願いします。

台所編

お風呂や
トイレ編

お買い物編

車・日常生活編


お部屋編

洗濯や掃除編

旅行編

  

台所編

台所編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要


☆冷蔵庫のドアの開閉回数を減らす。

ドアの開閉回数を半分にすると、1年でCO2が5.9kg削減され、電気代が約280円安くなります。

☆ドアを開けている時間を減らす。

開閉時間を20秒から10秒にすると、1年間でCO2を3.5kg削減、約160円の節約になります。

☆ものを詰め込みすぎない。


詰め込んだ場合と、半分にした場合を比較すると、1年間でCO2を25.0kg削減、約1180円の節約になります。

☆設定温度は適切にする。


周辺温度22℃で、設定温度を「強」から「中」にした場合、1年間でCO2を35.2kg削減、約1670円の節約になります。。
☆壁から適切な間隔で設置する。

(私の工夫)

上と両側が壁に接している場合と、片側が壁に接している場合とを比較すると、1年間でCO2を25.7kg削減、約1220円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」







☆食器を洗うときは低温に設定する。


(私の工夫)
65Lの水道水(水温20℃)を使い、湯沸し器の設定温度を40℃から38℃にし、1日2回手洗いした場合、1年間でCO2を19.9kg削減、約1490円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」





☆野菜の下ごしらえに電子レンジを活用。
(私の工夫)
100gの食材を、1Lの水(27℃程度)に入れ沸騰させ煮るのに比べ、電子レンジで下ごしらえをした方が、ブロッコリーやカボチャの場合では、1年間でCO2を12.1kg削減、約1150円の節約になります。(数値は食材の種類によって異なります)

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」



☆なるべく保温時間を短くする。


(私の工夫)
保温しない場合は、1日7時間保温した場合はに比べ、1年間でCO2を21.6kg削減、約1240円の節約になります。7~8以上時間保温するなら、2回に分けて炊いた方がお得になります。
(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」








☆長時間使用しないときはプラグを抜く。

(私の工夫)
満タンの水2.2Lを入れ沸騰させ、1.2Lを使用後、6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合では1年間でCO2を61.3kg削減、約2900円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」





☆炎がなべ底からはみ出ないように調節する。
(私の工夫)
1L(20℃程度)の水を沸騰させる時、「強火」を「中火」にした場合(1日3回)、1年間でCO2を5.4kg削減、約410円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」







☆使用するときはまとめ洗いを。
(私の工夫)
ガス給湯器手洗い(40℃で1回65L使用。ただし冷房期間は、給湯器を使用しない)に比べ、食器洗い乾燥機(給水接続タイプで標準モード)の方が1年間で約8140円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」



☆生ごみは水分を十分切って出す。
(私の工夫)
私たちは1日当たり1人963gのごみを出していて、そのうち生ごみは家庭ごみ重量の約3割を占めています。

(出所)  環境省「一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成26年度)」




☆旬の食材を使って、無駄なく食べきるようにする。
(私の工夫)
例えば、きゅうりの場合、温室栽培は露地ものに比べ5倍以上のエネルギーが必要です。また生ごみの1/4は食べ残しや賞味期限切れなどの手つかずの食材です。

(出所)  CASA「地球温暖化資料集2015」より

  

お風呂やトイレ編

お風呂やトイレ編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要






☆入浴は間隔をあけずに、家族が続けて入る。
追い焚きをせずに入浴する場合と2時間放置により4.5℃低下したお湯(200L)を追い焚きする場合とでは、1年間にCO2 87.0kg削減、6530円の節約になります。
☆シャワーは流したままにしない。

45℃のお湯を流す時間を1分間短縮した場合、1年間でCO229.0kg削減、3180円(ガス代2180円、水道代1000円)の節約になります。

☆夏はシャワーだけにする。

(私の工夫)
浴槽1杯(200L)分のお湯は、シャワー(12L/分)約16分とほぼ同量になります。全員のシャワー時間の合計がこの16分を超えなければ浴槽よりも省エネになります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」







便

☆使わないときはフタを閉める。

フタを閉めた場合と、開けっ放しの場合とでは1年間でCO219.9kg削減、約940円の節約になります。(貯湯式
☆便座暖房の温度は低めにする。

便座の設定温度を一段階下げた(中→弱)場合(冷房期間は便座暖房OFF)では1年間でCO215.0 kg削減、約710円の節約になります。(貯湯式)

☆洗浄水の温度は低めにする。

(私の工夫)
洗浄水の温度設定を年間一段階下げた(中→弱)場合では1年間でCO2 7.9kg削減、約370円の節約になります。(貯湯式)

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」
*「貯湯式」はタンクの中の水をヒーターで温める方式で、電力量は250W程度ですが常時保温するため消費電力は大きくなります。これに対して「瞬間式」は使用のたびに水を瞬間湯沸かし器で温める方式で、保温しない分消費電力は小さいですが、電力量は1200Wと大きくなります。

  

お買い物編

お買い物編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要




☆買い物のときはマイバッグを持参する。
(私の工夫)
マイバッグを持ち歩き、省包装の野菜などを選ぶと1世帯1年間では約58kgのCO2の削減ができます。

出所:環境省「身近な地球温暖化対策−家庭でできる10の取り組み」




☆簡易包装の商品を選ぶ。
(私の工夫)
容器包装はごみの体積割合で55%(重量で22%)を占めています。
また容器の生産だけでなくごみ処理にも多くのエネルギーが使われています。

出所:環境省「容器包装廃棄物の使用・排出実態調査(平成27年度)」

  

車・日常生活編

車・日常生活編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要



☆近い所へは徒歩や自転車を使い、車の使用は控える。

人一人の移動を考えた場合、自家用車はバスの約2倍、鉄道の約6倍のCO2を排出します。
(出所) 国土交通省「運輸部門における二酸化炭素排出量(内訳)2014」より

☆ゆるやかな発進を心がける。
ふんわりアクセル「eスタート」(最初の5秒で20㎞/h)をすることで、CO2を年間194.0kg、約13040円の節約になります。
☆加減速の少ない運転を心がける加減速の少ない運転をすると1年間でCO2を68.0kg削減、約4570円の節約になります。

☆早めにアクセルオフにしてエンジンブレーキを使う。


早めにアクセルオフでエンジンブレーキを使うと2%程度燃費がよくなり、1年間でCO2を42.0kg削減、約2820円の節約となります。

☆アイドリングストップする。

(私の工夫)
30㎞ごとに4分の割合のアイドリングストップで、1年間でCO2を40.2kg、約2700円の節約になります。

(出典)資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬」


使
☆物は大切に長く使うように心がけています。
(私の工夫)
物を作るときにも多くのエネルギーが必要です。修理修繕をしながら長く使うことが大切です。



☆飲料用の自販機は利用しない。

(私の工夫)
2013年末の飲料用自販機の設置台数は約259万台です。省エネ型の自販機の普及がすすんでいますが、それでも平均的な家庭一世帯の電力消費量の約3割に相当し、すべて省エネ型でも約76万世帯もの電力使用量になります。自販機の運転のほかに、缶・ビンを清算、廃棄、あるいは回収、リサイクルするときにも多くのエネルギーが使われています。
(出所)一般社団法人日本自動販売機工業会「自販機普及台数及び年間自販金額(2013年)」より計算。






☆緑のカーテンや、よしずを利用する。

(私の工夫)
十分に葉が茂ったグリーンカーテンは、日射の熱エネルギーの約80%をカットする遮蔽効果があります(すだれは50~60%、高性能の遮蔽ガラスは55%程度の遮蔽効果)。
(出所)環境省「グリーンカーテンプロジェクト2013」より



☆家庭のどこで電気が消費されているのかを知るのも大切です。
160817.jpg
(出所)  資源エネルギー庁平成22年度省エネルギー政策分析調査事業「家庭におけるエネルギー消費実態について」

家庭の中で最も多くの電力を消費するのが電気冷蔵庫(14.2%)で、家庭全体の電力消費量の約7分の1を占めています。さらに照明、テレビ、エアコンを含めた4機種で全体の約44%になります。
☆環境家計簿をつける。環境家計簿をつけることで、現状や省エネ効果が実感できます。
(CASA版インターネット環境家計簿
http://www.shiftra.jp/casa/system/) 160820-1.png
☆「うちエコ診断」の受診を受診してみる。











(私の工夫)
環境省が行っている「うちエコ診断」では、より具体的な「わが家のエコ診断」を受けることができ、各家庭にあった最も効率的な省エネの方法を知ることができます。
http://www.uchieco-shindan.go.jp/160820-2.png














☆機器を省エネ型に買い替える。例えば、2007年製の冷蔵庫(401~450L)を2014年の省エネ型に買い替えることで、一年間でCO2排出量を約70%削減でき(359kg/年→114kg/年)、電気代も11600円お得になります。
(出典)資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬」
☆省エネ性能はネットで比較検討できる。毎年夏と冬に最新の「省エネ性能カタログ」が出ていて、最新機器の省エネ効率を比較したリストが載っています。
http://seihinjyoho.go.jp/index.html160817.jpg
☆省エネの買い替え効果を確認できる。省エネ製品への買い替え効果を確認するときは、省エネ型製品買い替えナビゲーション「しんきゅうさん(環境省)」が役に立ちます。
http://shinkyusan.com/index.html#/index/top160817.jpg
☆ちょっとした工夫で「涼」がとれる。

(私の工夫)

  

お部屋編

お部屋編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要


☆ LEDまたは電球型蛍光ランプに取り替える。

54Wの白熱電球から12Wの電球型蛍光ランプに交換した場合、1年間にCO2を47.9kg削減、約2270円の節約に、9Wの電球型LEDランプの交換で、50.8kgの削減、約2410円の節約になります。

☆使っていない部屋の照明はこまめに消しています。

12Wの蛍光ランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合では1年間でCO2を2.8kg削減、約130円の節約になります。 9WのLEDランプでは1.9kgの削減、約90円の節約になります。

☆点灯時間を短く。


(私の工夫)


(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」



☆テレビを見ないときは消す。

1日1時間見る時間を減らした場合、1年間で液晶テレビ(32V型)の場合ではCO2を 9.6kg削減、約450円の節約になります。

☆画面は明るすぎないように。



(私の工夫)
テレビ画面の輝度を最適(最大→中央)に調節した場合、1年間で液晶テレビ(32V型)の場合ではCO2を15.4kg削減、約730円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」




☆使わないときは電源を切る。

1日1時間利用時間を短縮した場合、1年間でデスクトップ場合では、CO2を18.0kg削減、約850円節約、ノート型の場合では、3.1kg削減、約150円の節約になります。

☆電源オプションの見直しをする。


電源オプションを「モニタの電源をOFF」から「システムスタンバイ」にした場合(3.25時間/週、52週使用時で)1年間で、デスクトップの場合ではCO2を7.2kg削減、約340円の節約、ノート型の場合では0.9kg削減、約40円の節約になります。
☆「省エネ」設定にする。


一定時間使用しない場合画面表示が変わるスクリーンセーバーでは消費電力は下がらず、下げるには「省エネ」設定にする必要があります。
☆できれば「エネルギースターロゴ」の付いた商品を購入する。



(私の工夫)
160912.png 図の「エネルギースターロゴ」がついたOA機器は、一定時間経過すると「省エネ」モードに自動的に切り替わる機能を持っています。購入の際はこのロゴがついた製品がおすすめです。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」


















☆冷房・暖房は必要なときだけつける。
冷房を1日1時間短縮した場合(設定温度28℃)、1年間でCO2を10.7kg削減、約510円の節約に、また、暖房を1日1時間短縮した場合(設定温度20℃)、1年間で23.2kg削減、約1100円の節約になります。

☆エアコンのフィルターを月1回か2回掃除する。 フィルターが目詰まりしていると冷暖房の効果が落ちます。エアコン(2.2kW)とフィルターを掃除した場合とでは、1年間でCO2を18.2kg削減、約860円の節約になります。

☆室外機の周りに物を置かない。 エアコンは外気との熱交換を室外機で行っています。吹き出し口の周りに物があるとその効率が落ちます。

☆夏の冷房時の室温は28℃を目安にする。外気温度31℃の時、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合(9時間/日)、1年間でCO2を17.2kg削減、約820円の節約になります。

☆エアコンの風量を上げることで、涼しく感じます。 エアコンの設定温度を下げる前に、風量を上げることで体感温度が下がり涼しく感じ、消費電力も小さくて済みます。扇風機やサーキュレーターとの併用でも同様の効果があり、部屋の温度ムラの解消にもなります。
☆全体暖房ではエアコンが最も省エネになります。 部屋全体を温める全体暖房には、ガス暖房や灯油暖房、さらには床暖房がありますが、エアコンが最も省エネになります。
☆冬の暖房時の室温は20℃を目安にする。

(私の工夫)
外気温度6℃の時、エアコン(2.2kW)の暖房設定温度を21℃から20℃にした場合(9時間/日)、1年間でCO2を30.3kg削減、約1430円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」















☆室温は20℃を目安ににする。



外気温度6℃の時、暖房の設定温度を21℃から20℃にした場合(9時間/日)、1年間で、ガスファンヒーターの場合ではCO2を18.6kg削減、約1,390円の節約、石油ファンヒーターの場合では25.4kg削減、約1020円の節約になります。

☆必要な時だけつける。





(私の工夫)
1日1時間運転を短縮した場合(設定温度20℃)、1年間で、ガスファンヒーターの場合ではCO2を31.0kg削減、約2270円の節約、石油ファンヒーターの場合では41.8kg削減、約1,700円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」











☆部分暖房なので省エネです。
電気カーペットは部屋の一部を温める部分暖房になるので、部屋全体を温める全体暖房に比べてとても省エネです。
☆広さにあった暖房をする。



室温20℃の時、設定温度が「中」の状態で1日5時間使用した場合、3畳用のカーペットと2畳用のカーペットでは、1年間でCO2を51.2kg削減、約2,430円の節約になります。

☆設定温度は低めにする。


(私の工夫)
3畳用で、設定温度を「強」から「中」にした場合(1日5時間使用)、1年間でCO2を 106.0kg削減、約5020円の節約になります。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」









☆最も省エネの暖房機器です。
部屋の一部を温める部分暖房は部屋全体を温める全体暖房に比べて省エネで、その中でもこたつは最も省エネ機器です。

☆こたつ布団に、上掛けと敷布団をあわせて使う。



こたつ布団だけの場合と、こたつ布団に上掛けと敷き布団を併用した場合(1日5時間使用)では、1年間にCO2を18.5kg削減、約880円の節約になります。

☆設定温度は低めにする。



1日5時間で温度調節を「強」から「中」に下げた場合、1年間でCO2を27.9kg削減、約1,320円の節約になります。

☆加湿器使って湿度を上げる。



(私の工夫)
湿度が上がると体感温度が高くなります。湿度を50~60%に保つことで、暖房温度の設定を低く抑えることができます。

(出典) 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」

  

洗濯や掃除編

洗濯や掃除編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要



☆洗濯物はまとめ洗いをする。
洗濯機の容量の8割程度が適当です。洗濯物の量が少なくても、ほぼ同じだけ電気を使います。 定格容量(洗濯・脱水容量:6kg)の4割を入れて洗う場合と8割を入れて洗う場合とでは1年間にCO2を3.4kg削減でき約3980 円(電気代約160円、水道代約3820円)の節約になります。
☆汚れの軽いものは、節約やスピードコースで洗濯。
☆洗剤は計って使う。
☆ふろの残り湯を洗濯に利用。
(私の工夫)
(出典)  資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬」



☆部屋を片付けてから掃除機をかける。

利用する時間を1日1分間短縮した場合では、1年間でCO2を3.1kg削減でき、約150円の節約になります。

☆集塵パックは適宜取り替えを。


(私の工夫)
パックいっぱいにゴミが詰まった状態と、未使用のパックを比較すると、1年間でCO2を0.9kg削減でき、約40円の節約になります。

(出典)  資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬」

  

旅行編

旅行編

私の省エネ・エコなとりくみ 効果の概要


☆できるたけ公共交通機関を使う。











(私の工夫)
一人を1km輸送することによるCO2はグラフのようになります。自動車は鉄道の8倍ものCO2を排出します。


(出所) 国土交通省「運輸部門における二酸化炭素排出量」より
Powered by FC2ブログ.